ガス給湯器、浴室乾燥機、洗浄便座の(リモコン)エラー表示の注意点

お住いの設備の製造経過年数により、
●ガスや石油給湯器
●浴室用電気乾燥機
●洗浄便座
等で、リモコン等にエラーが表示されることがあります。
これは「長期使用製品安全点検制度」(2009年4月1日施行)で、各設備機器に搭載が義務付けられた機能であって、製造年から一定の年数(例えば、ガス給湯器では10年)を経過した場合に、定期点検の実施を促す表示等で、いわゆる「タイムスタンプ機能」と呼ばれるものです。

ご注意ください!

●タイムスタンプは、給湯器の場合、「888」(3桁)、「88」(2桁)などの表示です。
(注)エラー表示は一律ではなく、機器やメーカーにより表示方法が違います。
●タイムスタンプが表示された場合、使用者(入居者)側で解除することはできないことになっています。
●タイムスタンプが表示されていても使用不能となるという訳ではありません。(不具合がなければ継続して使用できます。)
●タイムスタンプをリセットするには、製造メーカーに対応を依頼する必要があります。賃貸物件の場合は管理会社経由で、メーカーにリセットを依頼する流れとなっています。

ご連絡

タイムスタンプが表示されたら、リセットの依頼は下記からご連絡ください。
※アレップス管理物件にお住いの方に限ります

お電話や、お問い合わせフォームからご連絡いただく場合

お住いの地域により担当のサービスセンターが異なりますので、ホームページから担当店をお調べいただき、ご連絡ください。3ステップで担当店が検索できます。


▶︎担当のサービスセンターを調べる