長期不在にする場合について

旅行や出張で長期間不在になる場合は、緊急時の対応に備え不在の理由と期間、ご連絡先を当社のサービスセンターまでご連絡ください。また、安全のために以下のことを行ってください。
(注)賃貸借契約上、14日以上不在とする場合が「長期不在」に該当しますが、防犯上からも、左記未満の不在期間の場合もご注意・ご対応をお薦めします。

新聞などの休止手続き、郵便局での不在手続き

郵便受けが一杯になっていると不在が明らかで、空き巣に狙われやすくなります。

水道・ガスの元栓、全自動洗濯機の蛇口を閉める

不在時の事故を未然に防止します。

冬季の注意事項


冬季は給湯器(配管含む)内部の水が凍結する恐れがあります。各機器の取扱説明書をよく読み、給湯器の給水バルブを閉め、水抜きをし、水抜き完了後は水抜き栓を元に戻してください。
※通常、給湯器は電気ヒーターで凍結防止を行いますので、本体コンセントやブレーカーは落とさないでください。

まとめ

アレップス管理物件にお住いの方は、お住いの地域により担当のサービスセンターが異なりますので、ホームページから担当店をお調べいただき、ご連絡ください。3ステップで担当店が検索できます。
▶︎担当のサービスセンターを調べる