凍結について

冬季には、凍結防止に十分にご注意ください。ご入居者様が必要な凍結防止の措置を行わず凍結による給排水管や設備などの破損が発生した場合は、お客さまの負担で修理していただくことになります。作業は、各機器の取扱説明書をよく読み、凍結防止の措置を行ってください。
(注)冬季に長期不在をされる場合、給湯器の電源(スイッチ、コンセント、ブレーカー)を落とさないでください。「長期不在にする場合について>寒冷地での注意事項」をご確認ください。

冬季や注意報が出るような特に寒い日の場合

就寝前に蛇口から少しずつ水を出し、水道管の凍結を防止してください(水の量は1分間に牛乳ビン1本程度)。一部の寒冷地では日中でも凍結することがありますので、ご注意ください。
給湯器の電源(スイッチ、コンセント、ブレーカー)は、落とさないでください。

寒冷多雪地域の場合

各室専用の給水栓を閉じ、給湯器を含む全ての水道蛇口を開口し水を全部抜いてください。水抜栓が設置されている場合はそちらをご利用ください。また、電動水抜き装置や凍結防止ヒーターが設置されているお部屋では、冬季はブレーカーや装置の電源を落とさないでください。

お風呂場の浴槽に追い焚き機能がついている場合

給湯器内の凍結による配管の破裂防止のため、浴槽のお湯は全部抜かず、浴槽の循環金具(循環口)より5cm上までお湯を残してください。

水道管が凍結した場合

絶対に、水道管へ直接熱湯をかけないでください。急激な膨張で水道管が破裂する危険があります。
タオルをかぶせ、その上からゆっくりと『ぬるま湯』(50℃程度)をかける、ドライヤーの温風を当てる、以上の方法で溶かしてください。

まとめ

凍結により問題が生じた場合は、下記からご連絡ください。
※アレップス管理物件にお住いの方に限ります

お電話や、お問い合わせフォームからご連絡いただく場合

お住いの地域により担当のサービスセンターが異なりますので、ホームページから担当店をお調べいただき、ご連絡ください。3ステップで担当店が検索できます。

▶︎担当のサービスセンターを調べる