結露について

水蒸気は結露防止の大敵であり、特に加湿器・観葉植物・洗濯物などは水蒸気の発生の原因となります。また、室温と外気との温度差がある冬は、室内の空気が冷たい壁や窓などに触れて結露が見られることがあります。結露はカビの発生やシミ及び押入の湿気の原因になりますので、以下の点を心がけてください。

●1日1回は、3分程度窓や押し入れの戸を開けて、換気をする。
●家具は壁から3cm程離して配置し、風の通り道をつくる。
●サッシ窓についている小窓や換気扉、部屋の換気口は可能な限り開けておく。
●調理時や入浴時は必ず換気扇を回す。

結露が発生した場合

窓についた結露水はこまめにふき取ってください。また、結露時にはエアコン暖房に切り替えたり、加湿器の湿度を下げたり、観葉植物を減らしたりし、室内の水蒸気を減らす工夫をしてください。
結露の症状を放置されたことによるカビ・壁のシミが発生した場合、退室時に入居者様のご負担で修繕をする場合があります。

まとめ

症状が改善されない・原因がわからない場合は、下記からご連絡ください。
※アレップス管理物件にお住いの方に限ります

お電話や、お問い合わせフォームからご連絡いただく場合

お住いの地域により担当のサービスセンターが異なりますので、ホームページから担当店をお調べいただき、ご連絡ください。3ステップで担当店が検索できます。

▶︎担当のサービスセンターを調べる