大雨・暴風の防災対策

近年は大雨・暴風(台風)による被害(飛来・倒壊による損害、雨水の室内浸水、等)が増大しています。日頃から災害を想定して、事前準備や災害時の心構えに留意してください。

避難など

天気予報、災害情報、避難警報などを確認し、まずは生命の安全を確保するように心掛けてください。
避難場所や避難経路、浸水など危険な場所は、日頃から自分で確認しておくようにしましょう。
▶ お住まいのエリアのハザードマップを調べる

飛来物

ベランダなどの外に置いている物は事前に室内に取り込んでください。強風により飛ばされ、窓ガラスの破損によるケガなどに繋がる恐れがあります。雨戸やカーテンを閉めておくことも有効な防災対策となります。
バルコニーの隣接する部屋との間にある隔壁板がしっかり固定されているか等もご確認下さい。ゆるみがあると強風で隔壁板が外れたりすることもございます。台風が来る予報前に一度点検お願いします。

室内浸水

大雨の場合、ドアや窓枠からの浸水、室内排水口からの下水逆流で、室内への浸水が発生します。在宅・不在どちらの場合でも窓(雨戸・シャッター)の戸締まりを忘れず厳重に行なってください。また、ドア枠に土嚢、室内排水口には水嚢(ゴミ袋を活用)を置くなど、ご入居者様自身でも災害対策を実施してください。ベランダや共用廊下にある排水口が詰まって排水不良が生じると、室内浸水の原因となります。日頃から管理にご協力をお願いします。
お部屋が地下にある場合、浸水の可能性が非常に高いため、事前避難や家財等の損害を想定した対策を実施しましょう。

共用部

駐車場が地下にある場合、自動車を駐車していると浸水被害が生じる場合がありますので、事前に別の場所に移動するなど対策を講じましょう。

ご連絡

大雨や暴風(台風)により災害・問題が生じた場合は、下記の2通りの方法からご連絡ください。
※アレップス管理物件にお住いの方に限ります

安心入居サポートに加入されている場合

TEL:0120-830-024(フリーダイアル)へご連絡ください。

当社への、お電話やお問い合わせフォームからご連絡いただく場合

お住いの地域により担当のサービスセンターが異なりますので、ホームページから担当店をお調べいただき、ご連絡ください。3ステップで担当店が検索できます。

▶︎担当のサービスセンターを調べる