防犯対策について

空き巣被害は、大切な財産を失うだけでなく、大きな精神的ショックを受けます。
ドアや窓に対する防犯対策を日頃から心がけることが重要です。

鍵の保管・管理に注意を払う

鍵に部屋番号を貼ったり、郵便受けや水道などのメーターBOXの中などに入れておくことは避けてください。

鍵に関してはこちらもご覧ください

施錠をしっかり確認する

窃盗のプロは窓の大小を問わず侵入してきます。玄関のドア、各部屋の窓、浴室やトイレの窓などすべての施錠を確認してください(ドアチェーンやドアガード、2重ロックも有効です)。また、在宅の場合でも、できるだけ施錠を心がけてください。

外出時は不在と思われないようにする

外出時に室内が見えていると、在宅の有無を知らせてしまうため危険です。カーテンや雨戸などを閉めて外出してください。また、外が暗くなってからも洗濯物を干していると、不在と思われますので、お気をつけください。

長期不在になる場合

郵便受けが一杯になっていると、不在が明らかで、空き巣に狙われやすくなります。新聞や郵便物の休止・不在手続きを行ってください。
長期不在に関してはこちらもご覧ください

ご連絡

もしも空き巣や窃盗などの被害にあってしまったら、すぐに警察「110番」へ通報してください。
また、当社のサービスセンターにもご連絡ください。
※アレップス管理物件にお住いの方に限ります

お住いの地域により担当のサービスセンターが異なりますので、ホームページから担当店をお調べいただき、ご連絡ください。3ステップで担当店が検索できます。

▶︎担当のサービスセンターを調べる