エアコンから水漏れする場合の対処法

ドレンホース

エアコンの室内機からの水漏れは、ドレンホース(排水を行なうホース)にゴミが詰まって排水されず、水漏れするケースが大半です。まず ①運転中にドレンホース先から水が出ているか? ②ドレンホースにゴミが詰まっていないかを確認し、ゴミ詰まりの場合は取り除いてみてください。

フィルター等の汚れ

フィルターや熱交換器(フィン。空気を冷却する部分)が汚れていると空調が効きにくくなるため、冷房を強めてしまいがちになります。その結果、過剰に結露が発生し水漏れとなるケースがあります。
フィルターやエアコン内部の清掃を行なった上で運転してみてください。
また、上記の汚れはこまめにチェックし、清掃も定期的に行なってください。

天候の関係

高湿度の日に強めの冷房を長時間運転すると、排水性能以上に結露が発生し水漏れとなる場合があります。

ご連絡

症状が改善されない・原因が分からない場合は、当社サービスセンターまでご連絡ください。
※アレップス管理物件にお住まいの方に限ります。
※ご連絡時に、エアコン本体の「メーカー、型番、製造年」を確認します。確認の上でご連絡をお願いします。

お電話や、お問い合わせフォームからご連絡いただく場合

お住まいの地域により担当のサービスセンターが異なりますので、ホームページから担当サービスセンターをお調べいただき、ご連絡ください。3ステップで担当店が検索できます。
▶︎担当のサービスセンターを調べる

注意

ご自分で設置されたエアコンや、前入居者の残置エアコンの場合、掃除・修理の手配は入居者様ご自身で行なってください。(残置物かどうかの確認は契約当時の重要事項説明書の記載を確認ください)