アパート経営の成功率は?【現役オーナー1339人へアンケート】

不動産経営の成功率は?!

アパート経営の成功率アンケートに至った背景

  • アパート経営の成功率アンケートに至った背景
  • アパート経営の成功率アンケートは、不動産経営を行っている方々に対して、成功や失敗の要因を把握し、今後の経営改善や新規投資の参考にすることを目的として実施されました。近年、アパート経営が投資対象として注目されており、多くの人がアパート経営を開始しています。しかし、一方で失敗するケースも増えており、成功するためのノウハウや実績が求められています。

    アンケートの背景には、アパート経営者たちが直面している課題が多岐にわたることが挙げられます。例えば、適切な立地選びや物件の魅力が重要でありながら、それらを見極める力が不足していることが課題となっています。また、高利回り物件に飛びついた結果、空室地獄や賃料下落、トラブルが起こるリスクも存在します。

    さらに、入居者とのトラブルやリスクマネジメントが求められる一方で、これらを適切に対処できるスキルや経験が不足している場合が多いのも現状です。そのため、アパート経営者たちは効果的な対策やスキルを習得することが求められています。

    アンケートでは、これらの課題を解決するために、成功した経営者たちの意見やアドバイスが集められ、その中から共通するポイントやヒントを見つけ出し、アパート経営の成功率を向上させることを目指しています。アンケート結果をもとに、アパート経営者たちは自身の経営に活かすことができ、新規投資を検討している方々にも参考になる情報が提供できればと考えております。

    このアンケートを通じて、アパート経営の成功率を高めるためのノウハウや実績が明らかになり、不動産経営者たちが今後の経営改善や新規投資に役立ていただければ幸いです。

アパート経営の成功率は?

  • アパート経営の成功率は?
  • では、現役オーナー様1339人のアパート経営の成功率について以下記載していきます。

    当アンケートを語る前に、どういったアンケート内容に基づいた結果なのか、内容と定義について整理します。

    質問としては、「当社に管理を任せている物件の収支の満足度は?」としました。
    選択肢は、「満足」「普通」「不満」「未回答」としております。

    そして、成功定義を「収支における満足・普通は、それぞれ想定以上・想定通りと想定し、今回はそれを成功の定義」しました。

    以下レポート形式にまとめたものを提供いたしますので是非ご参考ください。

    ※当社では、お客様の個人情報を大切に扱い、適切な保管と管理を行っております。不正利用や情報漏洩が起こらないよう、厳重なセキュリティ対策を講じております。個人情報の取り扱いについてはこちらをご参考ください。


    アンケート結果を無料でダウンロード

アパート経営の失敗と成功率を上げる方法

  • アパート経営の失敗と成功率を上げる方法
  • ①多額の借入金でアパート経営が困難になる

    アパート経営では、資金調達のために金融機関から融資を受けることが一般的です。しかし、借入金が多額になると、毎月の返済が大変になります。過剰な借入金は、返済だけでなく、空室やトラブルへの対応も難しくなります。さらに、建物の耐用年数が過ぎると、税金負担も増加し、返済が困難になります。

    回避策として、まず返済スケジュールを立てましょう。借入金は経営に困らない金額にとどめることが大切です。キャッシュフローを検討し、返済可能な金額であるか見極めることが重要です。また、将来的な家賃の下落や空室リスクを予測し、収支のシミュレーションを行いましょう。

  • ②サブリースの理解不足で失敗する

    サブリースは、管理会社がアパートを借り上げ、入居希望者に又貸しする形態です。オーナーにとっては、管理業務を請け負ってもらえることや、一定の収入が得られる点でメリットがあります。しかし、家賃保証額は必ずしも一定でなく、利回りが低くなる場合もあります。

    失敗を防ぐためには、サブリースのメリット・デメリットを把握することが重要です。契約前に、保証賃料や諸費用を確認しておきましょう。家賃保証率の根拠を見極めることも大切です。将来的に保証額が下落することも考慮し、黒字経営が続けられるか見通しを立てましょう。

  • ③節税目的で始めたが後に大失敗

    節税目的でアパート経営を始めることは、一定の節税効果が得られるため魅力的に見えるかもしれません。しかし、経営がうまくいかない場合、節税効果だけではカバーできない損失が発生する可能性があります。税金を節約することに注力しすぎて、他のリスク管理がおろそかになってしまうことが大失敗の原因となります。

    回避策として、アパート経営においては、節税効果を主目的とせず、利益を上げることに重点を置くべきです。また、専門家に相談し、適切な節税対策を立てることも重要です。節税対策だけでなく、適切なリスク管理やキャッシュフローの計画を立てることで、アパート経営を成功させる可能性が高まります。

  • ④自己資金なしのアパート経営は地獄が早い

    自己資金なしでアパート経営を始めることは、資金調達が容易であるため魅力的に見えるかもしれませんが、リスクが伴います。返済負担が大きくなることで、空室やトラブルが発生した際に対応できなくなる可能性があります。また、自己資金がない状態で融資を受けることは、信用面で不利になることもあります。

    回避策として、自己資金をある程度用意することが望ましいです。自己資金がない場合でも、金融機関と良好な関係を築き、適切な融資計画を立てることが重要です。また、物件の選定や入居者募集に力を入れ、空室リスクを減らす努力をすることで、アパート経営の成功率が上がります。

  • ⑤安易に追加投資して大失敗、借金地獄

    追加投資は、一見すると収益を増やす手段に見えますが、安易に行うとリスクが高まります。追加投資で物件を増やすことは、返済負担が増大し、経営に失敗するリスクを高める可能性があります。特に、すでに赤字経営の物件を持っている場合、追加投資によってさらに負担が増え、借金地獄に陥ることがあります。

    回避策として、追加投資を行う前に、現在の物件の収益状況やキャッシュフローをしっかりと把握しましょう。また、追加投資を行う際には、自己資金を十分に用意し、返済負担が大幅に増えないように注意することが重要です。

    追加投資の代わりに、買い替えという方法も検討できます。既存の物件を売却して自己資金を増やし、新しい物件を購入することで、ローンの割合を減らしながら資産規模を拡大できる場合があります。ただし、売却や買い替えには時間がかかることや、不動産市場の状況によっては期待通りの売却額が得られないリスクもあるため、注意が必要です。

    いずれの場合も、アパート経営においてリスク管理や適切な資金計画が重要です。専門家と相談しながら、慎重に投資計画を立てることで、大失敗や借金地獄を回避し、アパート経営を成功に導くことができます。

  • ⑥賃貸需要や立地を見誤って空室地獄

    立地や賃貸需要を見誤ると、空室が続くことがあります。人口移動数を指標に、入居者の世帯状況や地域特色を考慮しましょう。周辺環境のリサーチや不動産会社へのヒアリングが効果的です。

  • ⑦高利回り物件に飛びついて大失敗

    利回りは投資金額に対する年間収益割合で、表面利回りと実質利回りがあります。しかし、高利回り物件が必ずしも良い物件ではなく、新築の利点が失われると空室が発生しやすくなります。地価の安い地方や中古物件には注意が必要です。

  • ⑧入居者が夜逃げ!莫大な退去費用地獄

    入居者とのトラブルは避けられません。夜逃げの兆候に注意し、法的措置を検討することが必要です。連帯保証人に連絡し、家賃滞納分の支払いや契約合意解除を試みましょう。コミュニケーションや入居審査の条件を厳しくし、管理会社に委託することが効果的です。

FAQ

  • Qアイコン アンケートの内容を教えてください。

    質問としては、「当社に管理を任せている物件の収支の満足度は?」としました。
    選択肢は、「満足」「普通」「不満」「未回答」としております。
    そして、成功定義を「収支における満足・普通は、それぞれ想定以上・想定通りと想定し、今回はそれを成功の定義」しました。
    また、アンケート結果は無料でダウンロードすることができます。
    詳細はこちらを参考にしてください。

  • Qアイコン アパート経営でうまく行かないです。プロのアドバイスがほしいです。

    当社では無料でコチラから相談を受け付けております。お気軽にご連絡ください。

この記事を書いたのは…

著者イメージ
アレップス コンテンツ編集部

アレップス コンテンツ編集部では、アパート経営や不動産投資に関するお悩みを解決すべく日夜スタッフが情報の最新かつ濃密な記事の発信を行っています!

アレップス コンテンツ編集部では、アパート経営や不動産投資に関するお悩みを解決すべく日夜スタッフが情報の最新かつ濃密な記事の発信を行っています!

関連記事

  • マンションは相続放棄できる?相続人がいない場合もあわせて解説!

    人口減少が進む現代は、相続時に登記されない物件や相続されない物件が増加しています。その理由として「マンションが遠方にあるから」「資産価値が低いから」などが挙げられます。このような理由から、相続したい人がおらず、相続放棄を選択する場面も増加しているのです。また、このような現象はマンションにも見られています。 では、実際にマンションを相続放棄したいとき、どのようにすれば良いのでしょうか。この記事では、相続放棄の方法や注意点などについてご紹介します。 しかし、所有している土地でアパート経営を始めるには、いくつかのリスクがあることも覚えておきましょう。それぞれのリスク回避のために適切な対策を行って、効率的な土地活用を行いましょう。 この記事では、土地有りでアパート経営を行うメリット・デメリットについて、そして経営を進める時の流れや必要な資金などについて解説します。

    詳しく見る
  • 個人事業主としてアパート経営を行うメリットは?必要なステップやリスクについても解説

    アパート経営には法人として経営を行う方法もあります。個人事業主と法人は税率や課税額の計算方法などが異なることから、どちらの方法でアパート経営を行うか迷っている方もいるでしょう。 しかし、所有している土地でアパート経営を始めるには、いくつかのリスクがあることも覚えておきましょう。それぞれのリスク回避のために適切な対策を行って、効率的な土地活用を行いましょう。 この記事では、土地有りでアパート経営を行うメリット・デメリットについて、そして経営を進める時の流れや必要な資金などについて解説します。

    詳しく見る
  • 福岡でアパート経営するコツは?おすすめエリアもご紹介

    不動産投資を始めるにあたって、土地選びは重要な要素です。一般的には、アパート経営を行うなら首都圏近郊が良いとされています。人口減少に歯止めが効かない日本において、人口流入が著しい首都圏は将来的にも安定した投資が見込めるエリアと言えるためです。 しかし、他の地域と比較しても物価が高い傾向にあり、利回りはあまり良くないという側面もみられます。 そこで、九州圏でアパート経営や不動産投資を始めたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。福岡県は東京や大阪など大都市圏と比較しても物価水準が低く、コンパクトシティと呼ばれる生活しやすい環境が整えられています。 この記事では、福岡県の各エリアの特徴からアパート経営事情まで、詳しくご紹介します。

    詳しく見る

タグ一覧

「タウンのかんり」が選ばれる理由

創業44年、管理戸数50,167件(※2023年1月現在)。

多くのオーナー様に選んでいただいている理由があります。

詳しく見る

お問い合わせ

どんな些細なことでも、
ずっと先の話でも構いません。
お気軽にお問い合わせください。
無料相談
無料相談
無料家賃査定
無料相談
タウングループ
不動産管理事業
不動産仲介・周辺事業
建築事業
多角化事業