アパート経営でインターネットを導入するには?費用やポイントを解説

インターネットを無料で利用できるアパートは多くの需要がありますが、実際に導入しているアパートはあまり多くありません。そのため、アパート経営をするにあたりインターネットの導入を検討しているオーナーの方は多いでしょう。インターネット環境の有無で入居を決めるケースは増加傾向のため、入居率アップを狙うなら早めに導入するのがおすすめです。
この記事では、アパート経営で成功を収めたい方向けに、インターネット導入の費用相場や導入で失敗しないためのポイントなど、インターネット導入方法を解説します。

不動産経営の成功率は?!

アパート経営でインターネットを導入すべき理由

  • アパート経営でインターネットを導入すべき理由
  • アパート経営でインターネットを導入すべき理由はいくつかあります。インターネットを導入する理由が明確にわかれば目的も定まり、具体的な行動を取りやすくなるでしょう。ここでは、アパート経営でインターネットを導入すべき4つの理由を解説します。

  • 入居率がアップする

    全国住宅新聞が2021年に発表した「入居者に人気の設備ランキング」によると、「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居者が決まる」という項目で1位になった選択肢は「インターネットが無料に使えること」でした。ファミリー向け・単身者向けの両方のランキングでトップになったことからも、設備としての人気の高さがうかがえます。また、インターネット環境をはじめとする設備面での改良をすることで、空室が大幅に減少したという事例は過去にも多くあります。
    このように、入居者を増やす施策としてインターネット導入は効果的です。具体的には、特に以下のケースで入居者の増加に効果があります。

    ・若年層や学生向けのアパートの場合
    ・空室が多く、なかなか埋まらない場合
    ・管理しているアパートと似た条件の物件が多い場合

    上記の中でも、空室が目立つアパートを経営しているオーナーが、特にインターネット導入を始めています。インターネット導入が即効性の高い空室対策として認知され始めたことから、アパート経営者の間でも注目を集めているのです。

  • 入居者の手間を減らせる

    インターネット未導入のアパートに住む場合、入居者がインターネットを使うためには、個人でインターネットの契約を済ませるか、モバイルルーターを設置するかのいずれかを自分で進めなければなりません。個人でインターネット契約を行う場合、4,000~5,000円の月額費用を負担すればインターネット接続ができます。ただし、アパートのオーナーに事前許可を取ったり、回線開通工事に立ち会ったりする手間が発生してしまいます。また、モバイルルーターを設置する場合も同様です。
    一方で、インターネット接続できる環境が最初から整っていれば、このような費用負担や手間は発生しません。入居後にすぐにインターネットを使える環境は多くの入居者にとって魅力的に映るため、あらかじめインターネットを導入しておくアパート経営者が増えているのです。

  • 差別化を図れる

    物件探しをインターネット上で行う入居希望者が増えています。多くの賃貸検索ポータルサイトはかなり詳細に検索条件を設定して物件を探すことが可能となっており、「インターネットが無料であること」も条件に加えることができます。実際に、インターネットが無料であることを条件にアパートを検索してみると、設備が整っているアパートの数は依然として少ないのが現状です。そのため、インターネットを導入していれば、周辺の競合と差別化が図れます。また、通信速度の速いインターネット回線を導入するのも差別化には効果的です。テレワークやオンライン授業で自宅にいる時間の長い入居者にとって、魅力的な物件と認識してもらえるでしょう。
    なお、物件情報にインターネットが無料だと明記すると、入居率をより高めやすくなります。今までよりも多くの入居者の検索結果に表示されるようになり、入居者の目にも留まる機会が増えるからです。

  • 賃料向上が見込める

    インターネット付きのアパートは入居者のニーズが高いことから、家賃を上げて利回りを高くすることも可能です。入居者がインターネットの設備に魅力を感じていれば、多少賃料を上げても問題なく契約を維持することができるでしょう。
    賃料の値上げをする際は、入居者が個人でインターネットを契約する負担額よりも低い、2,000~3,000円程度にとどめるのがポイントです。極端な値上げをしてしまうと入居者離れにつながってしまうため、入居者が過度な負担だと感じない程度に家賃を上げることが重要です。適切な賃料の上乗せであれば、周辺物件との競争で不利になる心配はありません。
    また、インターネット導入を早めに行っていれば、建物が多少老朽化しても賃料を下げずに入居者を確保できます。長期的なアパート経営を考えている方は、インターネット環境など設備面の充実にも注力してみましょう。

アパート経営でインターネット導入する際の回線の方式

  • アパート経営でインターネット導入する際の回線の方式
  • アパート経営でインターネット導入をする際は、有線・無線の2つの回線方式から選ぶ必要があります。いずれもメリット・デメリットがあるので、それぞれの違いをあらかじめ理解しておきましょう。ここでは、インターネット接続の有線と無線の特徴について解説します。

  • 有線

    インターネット接続の有線方式とは、建物に光回線を引き込んで各部屋に光ケーブルやLANケーブルで分配する方法です。既に開通済みの回線を使い、物理的なケーブルを用いて有線接続やWi-Fi接続を行います。インターネットを有線接続した場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

    有線接続のメリット
    ・通信が安定しやすい
    ・建物の構造を気にせず使える
    ・広い間取りにも対応できる

    有線接続のデメリット
    ・各部屋の工事が必要となる
    ・工事に向けた日程調整が必要になる
    ・工事完了までに時間がかかる場合もある

  • 無線

    インターネット接続の無線方式とは、建物に引き込んだ光回線を建物の共用部に設置したWi-Fiルーターとつなぎ、各部屋でインターネット接続を可能にする方法です。建物の構造上、木造アパートで採用されやすい方式となっています。インターネットを無線接続した場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

    無線接続のメリット
    ・共用部のみの工事で済み、最短1日で利用できる
    ・ケーブル類や機器の設置が要らない
    ・機器のメンテナンスが最低限で済む

    無線接続のデメリット
    ・通信が安定しにくく、大容量のデータの処理が遅い場合もある
    ・部屋によっては電波が届きづらい場合があり、クレームの元になる

    無線方式を利用する場合は、インターネット業者選びも重要です。具体的には、電波テストとアパートに合った接続方式を提案してくれる業者がおすすめです。各部屋での電波接続の状況から専門的なアドバイスをしてもらえれば、インターネットの回線選びをスムーズに行えるでしょう。

アパート経営でインターネット導入する際のWiFiの種類

  • アパート経営でインターネット導入する際のWiFiの種類
  • アパート経営でインターネットを導入する際に、無線Wi-Fiの設置を検討している方もいるのではないでしょうか。無線Wi-Fiは「宅内地設置型」と「共用部設置型」があり、それぞれメリット・デメリットがあります。ここでは両者の特徴を比較します。

  • 宅内設置型

    宅内設置型は、光回線を各戸まで引き、宅内にあるWi-Fiルーターを使ってインターネット接続を行う方法です。月額費用が1万円前後と安く、初期費用0円から始められるプランを提供している会社もあります。メリットとしては、

    ・宅内で通信が安定しやすい
    ・建物構造を気にせず導入できる
    ・相場費用がわかりやすい

    といった点が挙げられます。また、宅内配線は外部からの不正アクセスの心配がないので、この点もセキュリティ対策が気になる家主には重要なポイントでしょう。
    一方、宅内配線は工事完了までに時間がかかるため、入居者から了承を得る必要があります。事前の説明が不十分な場合、トラブルやクレームにもつながるので注意しましょう。なお、宅内設置型のアパートWi-Fiを提供している会社数は複数存在しますが、サービス内容は似通っている傾向があります。初めてインターネット業者を選ぶ方にとってはなかなか選びづらいかもしれません。

  • 共用部設置型

    共用部設置型とは、アパートの廊下や壁などにWiFiルーターを設置してインターネット接続を行う方法です。宅内設置型のような大がかりな工事も不要で、費用負担が少なく済みます。また、数台のWi-Fiの設置ですぐにインターネットを導入できるのも魅力です。さらに、共用部設置型を提供している会社は少ないので、比較・検討がしやすいのも特徴です。
    一方で、共用部設置型は月額費用が高くなります。また、設置環境や天候に接続状況が左右されやすく、建物の構造次第では接続すらできないケースなどもあります。さらに、無線接続になるので、使用範囲が限られる場合もあります。加えて、万が一パスワードが漏洩してしまうと、入居者以外にも利用される恐れがあるため、気を付けなければなりません。

アパート経営のインターネット導入で必要な費用

  • アパート経営のインターネット導入で必要な費用
  • アパート経営でインターネットを導入する際にかかる費用は、初期費用と月額費用の2つです。アパートの構造・戸数や工事内容によって負担する費用は異なるので、事前に相場感を知っておくと良いでしょう。ここでは、最初に負担する初期費用と、月々負担する必要のある月額費用の目安について解説します。

  • 初期費用

    アパート経営でインターネット導入する場合の初期費用は、工事費用が該当します。インターネットを導入するためには、近くにある電線からアパート内に光回線を引き込む工事が必要となるからです。
    工事費用の目安は50~120万円程度で、無線方式だと2~3割安い場合があります。なお、工事費用は目安に過ぎず、アパートの種類や依頼するインターネット業者によって変動します。正確な費用を知りたい場合は、インターネット業者から事前に見積もりをもらいましょう。

  • 月額費用

    インターネットの導入後、毎月負担するのが月額費用です。維持コストと呼ばれることもあり、主に月々の通信料と保守点検費用が該当します。
    月額費用は平均で2~4万円を負担するケースが多くなっています。しかし、初期費用と同様に、実際の月額費用は回線の種類や利用するインターネット業者のサービス内容、アパートの戸数によって異なるので、各社の見積もりを比較するのが良いでしょう。

    なお、宅内設置型と共用部設置型にかかる費用相場は下記の通りです。

    初期費用(円) 月額費用(円)
    宅内設置型 30~40万 おおよそ1万
    共用部設置型 10~20万 0~2万

アパート経営のインターネット導入で失敗しないポイント

  • アパート経営のインターネット導入で失敗しないポイント
  • アパート経営でインターネットを導入しても、効果が実感できなければただ費用を負担しただけになってしまいます。インターネット導入にはいくつかのコツがあるので、事前に把握しておくことで失敗を防ぎましょう。ここでは、アパート経営のインターネット導入で失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

  • 費用対効果を考える

    アパート経営でインターネットを導入する際は、費用対効果について検討しましょう。費用対効果とは、導入コストに対して適切な見返りが受けられるかどうかを示したものです。例えば、アパートの入居者がインターネット環境を必要としていなければ、対策を行っても入居者を増やしたり、賃料を増やしたりはできません。つまり、他の設備に対する要望が多いアパートでインターネット導入を行う場合は、費用対効果が低いといえるのです。不要な工事にかかる費用や諸経費はアパート経営を圧迫しかねないので、しっかりとした検討が重要です。

    アパート経営でインターネット導入が向いているのは、以下のようなケースです。

    ・入居者が増える見込みがある場合
    ・賃料の上乗せで増収が見込める場合

    具体的には、入居者の年齢層とパソコン・スマートフォンの使用割合について調べてみてみましょう。特徴としては、高齢者が多いアパートではインターネット環境を不要としている場合が多く、反対に若年層が多く住んでいる場合、インターネット環境を必要とする場合が多い傾向にあります。
    ただし、若者が多いからといって必ずしもインターネット環境が必要とは限りません。スマートフォンしか持っていない場合でも、光回線が使える格安スマホを契約している方もいるためです。可能な範囲で入居者のパソコン・スマートフォンなどの使用割合について調査し、把握すると良いでしょう。

  • 通信速度にこだわる

    インターネットが無料で使えても、入居者からクレームが来ることがあります。特にコロナ禍では、通信速度が遅いというクレームが増加傾向にあります。自宅で仕事をこなしたり、学校の授業を受けたりするケースが増え、プライベートでもゲームや動画視聴に時間を使う方も多いことは想像に難しくないでしょう。遅延があまりにも頻発するようだと、入居者もストレスをためやすくなり、最悪の場合は転居してしまう事態につながりかねません。
    インターネットの導入で通信速度を重視したい方は、光回線の導入を視野に入れてみましょう。回線を光ファイバーケーブルにすれば、電波の影響を受けずに高速通信が可能となります。光回線なら大容量のデータであっても滞りなく処理でき、インターネット利用者が増える夜間や週末でも快適にインターネットを接続できます。なお、光回線は各回線事業者によって対応できる範囲が異なる点には注意が必要です。所有物件が対象エリアか気になる方は、導入前に公式サイトで確認しましょう。
    また、光回線はインターネット導入済みの他のアパートと差別化する際にも効果的な選択といえます。高速通信が可能な物件は人気が高いので、長い目で見れば家賃収入の安定にもつながります。アパートにおけるインターネットの需要が特に高い場合は、通信速度の速さにもこだわりを持つと良いかもしれません。

  • 解約時の違約金を確認する

    アパート経営で費用対効果を確認した上でインターネット導入を進めても、思ったような効果を実感できずに解約する場合もあるかもしれません。事前に解約時の違約金を確認するのも、インターネット導入で失敗しないためのポイントです。
    ここで注意したいのが、インターネット回線の解約はタイミング次第で料金が変わるという点です。解約金の相場は1~2万円で、特に2年契約の縛りを設けている会社が多い傾向にありますが、契約更新月やキャンペーン利用の有無によっては金額が変わる場合もあります。
    また、工事費用を分割していて解約時に未払い金があると、一括での支払いが発生します。解約時の違約金は利用するインターネット業者やプロバイダによっても異なるので、必ず契約時に確認しましょう。

アパート経営でインターネット導入するための手順

  • アパート経営でインターネット導入するための手順
  • アパート経営でインターネットを導入する際は、導入手順の確認も重要です。正しい手続きの仕方や手続きのポイントを理解しておけば、短時間でも導入しやすくなります。ここでは、光回線を導入する具体的な手順を紹介します。

  • 光回線対応エリアの確認を行う

    光回線の対応しているエリアは各回線事業者によって異なるため、あらかじめ利用可能か確認する必要があります。
    光回線の事業者として代表的なドコモ・ソフトバンク・auの公式サイトは以下から確認可能です。各回線事業者が対応しているエリアを公式サイトで確認してみましょう。

    ・ドコモ光
    ・ソフトバンク光
    ・auひかり

    なお、上記以外にも光回線に対応している事業者は多数あります。光回線が対応しているかの確認に加え、料金やサービスも比較しながら利用目的に合わせた業者を選びましょう。

  • 回線事業者と契約する

    インターネットを接続する際は、回線事業者・プロバイダと別々に契約を行う必要があります。回線事業者はユーザーがインターネット接続するための回線を提供する役割を、プロバイダにはユーザーをインターネットに接続する役割をそれぞれ担っています。なお、代表的な回線事業者は以下の通りです。

    ・携帯電話系の会社:Docomo、au、ソフトバンクなど
    ・NTT東日本、西日本:フレッツ光、光コラボレーション(ドコモ光、ソフトバンク光など)
    ・KDDI:auひかり

    ドコモ光・ソフトバンク光・auひかりなどの回線事業者では、光回線とプロバイダ契約が一元化しているため手続きが1度で済みます。手数料の負担も少なくできるため、インターネット導入をスムーズに進めたい方や費用負担をなるべく抑えたい方におすすめです。

  • プロバイダと契約する

    プロバイダは、「インターネットサービスプロバイダ」の略称で、「ISP」「接続事業者」と呼ばれることもあります。日本の代表的なプロバイダとしては、OCNやBIGLOBE、So-net、Yahoo!BBなどが挙げられ、事業者は数百社以上存在します。インターネット設備が既に整っているアパートでは、プロバイダの契約を済ませるだけで簡単にインターネットを利用可能です。
    ただし、プロバイダは数が多いため、なかなか選べないこともあるでしょう。プロバイダ事業者に悩む場合は、回線速度・利用料金を比べてみるのがおすすめです。インターネット導入の目的と照らし合わせれば、業者の数を絞りやすくなります。回線事業者で迷った際にも使えるので、インターネット導入を行う前にぜひ押さえておきたいポイントです。

  • 光回線を引く工事を行う

    回線事業者とプロバイダの契約を済ませたら、最後に光回線を引く工事を行いましょう。光回線を引く場合は派遣工事となり、当日は立ち会う必要があります。また、事前に大家または管理会社の許可も取っておきましょう。
    申し込みから着工までの目安はおおよそ1~2か月で、実際の作業時間は長い場合だと2時間程かかります。光回線を引き終わるまではインターネット接続ができなくなるので、一時的にモバイルルーターを契約するなどの対策も考えておきましょう。
    なお、既にインターネット回線が開通している場合は、無派遣工事となります。自分で簡単なセッティングを行うだけでインターネット接続ができ、光ファイバー用の光ゲートウェイと回線終端装置(ONU)を設置すれば、インターネットを利用可能です。

アパート経営でインターネット業者を選ぶポイント

  • アパート経営でインターネット業者を選ぶポイント
  • アパート経営でインターネット接続を行う場合はインターネット業者選びも大切です。業者によって提供しているサービスや対応可能な回線の方式が異なり、料金にも違いがあります。ここでは、アパート経営でインターネット業者を選ぶ際のポイントを解説します。

  • サービスを比べる

    インターネット業者を選ぶ際は、サービスの違いも注目しましょう。同じ光回線事業者でもシェア率が高いものもあれば、通信速度の速さが強みのサービスもあります。その他、地域限定で利用できる事業者も存在するので、比較しながら業者を決めるのがおすすめです。

  • 費用を比較する

    初期費用と月額費用も依頼先のインターネット業者間で差が付きやすいポイントです。例えば、保守点検費用を月額費用に含める場合もあれば、通信障害発生時の費用と一緒に別途請求されることもあります。インターネット業者以外では通信工事業者に依頼する方法もありますが、少し割高になる傾向です。基本的にはインターネット業者に任せ、業者間の費用比較に時間を使いましょう。

  • アパートの建物構造に対応している

    無線方式でのインターネット接続をする際は、工事の内容についても確認すると良いでしょう。特に木造構造以外の建物では、無線方式の工事に対応していない場合があるためです。所有物件とインターネット業者の工事内容が対応しているか前もって確認しておけば、工事を順調に進めてもらえます。

  • サポートが充実している

    インターネット接続が完了した後も、手厚いサポートが受けられるインターネット業者を選ぶのがおすすめです。世の中には、導入後に一定期間で解約した場合に初期費用の全額返金に対応してくれたり、困りごとがあればいつでも相談できる窓口が設置されていたりする業者が存在します。インターネット導入に不安がある方は、サービス内容・費用だけでなくサポート内容も気にしながら選んでみましょう。

まとめ

  • まとめ
  • アパート経営でインターネットを導入すると、入居率を改善できたり、入居者の手間を省けたりします。また、競合と差別化できれば賃料からの収入も増やせるため、インターネットの導入はアパート経営において重要性が高まっています。
    インターネットの導入にあたっては、回線の方式やWi-Fiの種類、費用相場をあらかじめ理解しておくと検討・手続きをスムーズに進められます。特に所有している物件に初めてインターネットを導入する場合は、相談しやすく、サポート体制が充実しているインターネット業者を選ぶのも大切です。依頼する業者選びのポイントや失敗しないコツをしっかり押さえてインターネットを導入し、アパート経営を実現させましょう。

FAQ

  • Qアイコン アパート経営でインターネット導入するための手順を教えてください

    入居者を増やす施策としてインターネット導入は効果的です。正しい手続きの仕方や手続きのポイントを理解しておけば、短時間でも導入しやすくなります。光回線を導入する具体的な手順を紹介しています。
    詳細はこちらを参考にしてください。

  • Qアイコン アパート経営でうまく行かないです。プロのアドバイスがほしいです。

    当社では無料でコチラから相談を受け付けております。お気軽にご連絡ください。

この記事を書いたのは…

著者イメージ
アレップス コンテンツ編集部

アレップス コンテンツ編集部では、アパート経営や不動産投資に関するお悩みを解決すべく日夜スタッフが情報の最新かつ濃密な記事の発信を行っています!

アレップス コンテンツ編集部では、アパート経営や不動産投資に関するお悩みを解決すべく日夜スタッフが情報の最新かつ濃密な記事の発信を行っています!

関連記事

  • 【アパート経営の利回り最低ラインは?】計算方法や目安を解説!

    アパート経営を始める際、まず考えることは「より収益を得られる物件はどれか」ということでしょう。不動産投資では、投資した金額をどれだけの期間で回収できるかが収益性を判断する材料となります。そこで参考とされる数値が「利回り」です。この記事では、アパート経営の利回りについて、種類と計算方法、注意点とリスク、パターン別の利回り最低ラインなどを解説します。

    詳しく見る
  • アパート経営はどこに相談したら良い?よくある悩みの対策方法も紹介

    将来に向けた資産形成や土地活用の一環として、アパート経営を検討されている方もいるのではないでしょうか。昨今は新しい資本主義の政策「資産所得倍増プラン」により、個人の金融資産を投資に振り分けることが推奨されています。しかし、アパート経営は知識などがなければ損をすることもあります。一人で試行錯誤しながらすすめるよりも、専門家などに相談した方が効率的です。 そこで、今回は、アパート経営を検討されている方に向けて、相談先の特徴や相談のポイント、アパート経営に役立つ知識を紹介します。 しかし、所有している土地でアパート経営を始めるには、いくつかのリスクがあることも覚えておきましょう。それぞれのリスク回避のために適切な対策を行って、効率的な土地活用を行いましょう。 この記事では、土地有りでアパート経営を行うメリット・デメリットについて、そして経営を進める時の流れや必要な資金などについて解説します。

    詳しく見る
  • 不動産小口化商品の仕組みや運用のコツ、押さえておくべき危険や対策を解説!

    不動産投資に関心がある方であれば、不動産小口化商品という言葉を耳にされた経験もお持ちではないでしょうか。不動産小口化商品には昨今投資家からも注目されており、都心や地方のさまざまな物件が投資用商品として販売されています。不動産小口化商品は数万円程度で始められる一方、「危険」という説も出回っており、運用を迷う方もいるでしょう。今回は不動産小口化商品に注目し、仕組みやメリットのほか危険性と有効な対策を中心に解説します。不動産小口化商品をはじめ、不動産投資に役立つ内容をお伝えするのでぜひ、参考にしてください。

    詳しく見る

タグ一覧

「タウンのかんり」が選ばれる理由

創業44年、管理戸数50,167件(※2023年1月現在)。

多くのオーナー様に選んでいただいている理由があります。

詳しく見る

お問い合わせ

どんな些細なことでも、
ずっと先の話でも構いません。
お気軽にお問い合わせください。
無料相談
無料相談
無料家賃査定
無料相談
タウングループ
不動産管理事業
不動産仲介・周辺事業
建築事業
多角化事業